日焼け、UV結論に七つ道具、日焼け止め。 学生時代は、外部で体育の勉学がある日やジムに混じるお日様にことごとく使っていました。 気象のいいお日様にお天道様に引っかかると日焼け始める、と思っていたから。 ふさがり、気象の悪いお日様や外出しないお日様は日焼け止めは必要ないと思っていました。 だから日焼け止めが活躍するのは夏場だけだと。 お肌のことを策する年になり、日焼けをすると黒く至る、という単純なことではなく、UV結論を一概にしないと黒くなるだけではなく、将来のお肌が染みだらけに患うということを知りました。 黒くならずに赤くなって数日後には元のお肌に立ち戻る者もいますね。 そして、UVの量はお気象が悪いお日様のほうが多いことも共に知りました。 溜まり、お気象の悪いお日様のほうが日焼け止めが必要だという趣旨。 外に出るのは洗濯物を乾かすだけだから、、 その一瞬でお肌はUVにやられてしまうんですね。 将来のお肌のためにも、日々必ずや日焼け止めを塗り付けるようにしています。愛用ピューレパールは脇を綺麗にしてくれる