日焼け、UV計画に七つ道具、日焼け止め。 学生時代は、出先で体育の課程がある日やクラブに混じるお日様にどうしても使っていました。 気象のいいお日様に日光に当たると日焼けやる、と思っていたから。 溜まり、気象の悪いお日様や外出しないお日様は日焼け止めは必要ないと思っていました。 だから日焼け止めが活躍するのは夏場だけだと。 お人肌のことを練り上げるジェネレーションになり、日焼けをすると黒くのぼる、という単純なことではなく、UV計画をちゃんとしないと黒くなるだけではなく、将来のお人肌が不潔だらけに患うということを知りました。 黒くならずに赤くなって数日後には元のお人肌に還る自分もいますね。 そして、UVの嵩はお気象が悪いお日様のほうが多いことも同時に知りました。 ふさがり、お気象の悪いお日様のほうが日焼け止めが必要だという会社。 外に出るのは洗濯物を乾かすだけだから、、 その一瞬でお人肌はUVにやられてしまうんですね。 将来のお人肌のためにも、常々きっちり日焼け止めをつけるようにしています。フロプリーの口コミが怪しいため検証されたサイト